暗号通貨(仮想通貨)が起こすフィンテック。時代の流れに飛び込むために。

えたばりゅ暗号通貨情報

仮想通貨について

今が投資時!暗号通貨(仮装通貨)

更新日:

こんにちは(^^♪えたビットです。
やってきました。第2回目の仮想通貨ブログ。今回はなぜ私えたばりゅが仮想通貨投資に踏み込んでいったか。そのあたりについて触れていきたいと思います。ではでは、今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

はじめに、これから先は私えたビットの個人的見解によるものであり、暗号通貨のその価値を保証するものではありません。暗号通貨は元本割れのリスクがある投資になります。もし、暗号通貨を購入される場合は自己責任でお願いしたいことと、この記事をご覧になって出た損失などに関しては一切責任を負いかねますので、それに御同意いただけない方は今回はスルーしていただけましたらと思います。

今が投資時!暗号通貨(仮装通貨)

暗号通貨。最近でこそ、少しメディアにも取り上げられるようになってきましたがまだまだその認知度は日本においては低いといえるのではないでしょうか。仮想通貨は前回の記事でも少し触れた通り、現在の日本においては資本と認められていますので、まだその使用場所は発展途上であるものの、実際に暗号通貨を使用して、販売されている品を交換することができます。

そしてこの暗号通貨。購入することもできれば売却することもできます。そして、その購入した暗号通貨を売却するとき、購入時よりも価値が上がっていれば、その利幅を享受することができるんですね。すなわち暗号通貨(仮想通貨)も投資に分類することができます。ただ、その逆もあります。具体的に言うと売却するときよりも、その暗号通貨の価値が下がっていればその分損失ということになります。

投資は投資でもいわゆる元本保証はされていない投資の分野になるんですね。ではなぜそんな分野に投資をするのか。それを以下では触れていこうと思います。

暗号通貨はまだまだ発展途上

他に元本保証されていない投資は日本にも様々ありますよね。例に挙げると、

  • 株式投資
  • 国債
  • 外貨預金
  • 投資信託
  • FX
  • バイナリーオプション など

そして、元本保証されているものは、普通、定期、積立などのいわゆる銀行貯金というやつですが、元本保証されているものはご存知の通り、その利息による利幅はほとんど見込めませんよね。

まぁ、元本保証されているものにしろ、元本保証されていないものにしろ、上記の商品は多くの方がご存じなのではないでしょうか。すなわち、熟成された投資分野といえます。熟成しているということはしっかり法整備もされており、国でいえば先進国というところでしょうか。

対して暗号通貨は、資本と認定されたとはいえ、まだまだ実際には扱えるところも少ない発展途上の資本分野といえますね。・・・発展途上と聞くとただでさえ元本保証されていない投資なのにさらに危ない橋を渡らないといけないような感じもします。

ではなぜ暗号通貨なのか。そのあたりに触れていきましょう。

現在その価値は世界的規模で急成長をしている分野

なぜ急成長をしているといえるかといいますと、その価値の上昇には目を見張るものがあるからです。

最近ビットコインが1BTC(←ビットコインの単位)200万円を超えたというニュースが報じられたのは記憶に新しいですよね。ちなみに2017年1月のビットコインの価値は、1BTCが約10万円ほどでした。それがたった一年後の現在、その価値は190万円ほどになっております。ちなみに2016年1月は1BTCが約4万円ほど。

当たり前ですが、

去年の1月に1BTCを購入された方は190万円に増えたということになります。ただ仮想通貨を購入しただけで。

トレードも何も行わずに、年利で19倍にも資産が増える投資、なかなかないのではないでしょうか。もしかしたら株式投資でそういった銘柄があるのかもしれませんが、よほどの熟練者でなければ、その先見は見出すことができないかと思います。もしくは非常にラッキーな方になりますよね。そして株式投資においてはインサイダー取引は法律で厳重に禁じられております。

しかし現在成長段階にあり、世界的にその期待値が高まっている仮想通貨は、そういった熟練の知識なくともその利幅を享受できるチャンスといえます。

いずれは来るであろう、暗号通貨主体の社会

もう一つ、暗号通貨に投資する理由として、そう遠くない将来に来るであろう、暗号通貨主体の社会に向けての準備というところでしょうか。もちろん、円がすぐになくなることはないですが、円と暗号通貨。その比率は段々と逆転してくると思う次第なんですよね。

もちろん今は円主体ですので、給料の支払いも円で支払われているところがほとんどです。しかし、暗号通貨を取り扱う企業や商業施設が増えてくると、円よりも機動性に富む暗号通貨を利用する人は予想ではありますが、十中八九多くなると思うんですよね。やがて、給与の受け取りも円にするか暗号通貨にするか、選択可能な企業が多く生まれるでしょう。

暗号通貨は「ピッ」と携帯をかざせばそれで支払いは終了になりますので、現金支払いの時のように

  • 顧客が現金を支払うために財布の中から現金を取り出す。
  • レジで店員さんが現金を受け取りそれをレジに入金。
  • お釣りがある場合はお釣りがレジより出てくる。
  • お釣りを受け取り財布にしまう。

というような、一連の作業がなくなります。いかがでしょう。現金支払いに比べ、買い物においてかなりの時短が期待できますよね。言うなれば、レジのETC化といったところでしょうか。もしほとんどの場所で暗号通貨が使用可能になってくれば、今の円のように「お金をおろす」という作業もほぼ必要なくなります。

といいますか、財布を持つ必要もなくなってきますよね。

今でも、ICカードやクレジットカード、デビットカード、または携帯ウォレットなどで支払いをされておられる方も多いのではないでしょうか。段々と「お金を直に支払う」ということが、気づかない間に少なくなってきているといえますよね。電車などのICカードは今はまだ現金チャージする必要がありますが、暗号通貨でICカードのチャージができるようになれば、「ピッ」と専用の機械にかざすだけでチャージが終了となります。

というか、それであればICカードを使わずとも、自動改札機にその暗号通貨用の専用の機械を取り付ければ、今のようなICOCAやSUICAなどの電鉄会社が発行するICカードでさえ、必要なくなるのかもしれません。では何が起こるか。

電鉄会社独自(もしくは複数の電鉄会社がグループとなる)が発行する暗号通貨が誕生するなんてことも( ^ω^)・・・

おっと、妄想が過ぎましたか(^^♪

というようなことが私えたビットが仮想通貨に投資を決めた主な理由です。投資価格も小額から始められますしね。

最後に

いかがだったでしょう。今回は、なぜ暗号通貨投資なのか。そのあたりについて私なりの考えを述べさせていただきました。もちろん先ほど申しあげた通り、暗号通貨に関しては元本保証なき投資。もし投資する場合は自己責任でお願いしたいところですが、これからの成長株に期待して投資をしてみるのも面白いのではないでしょうか。

では今回はこのあたりで。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

おススメ記事

1

こんにちは(^^♪ えたビットです。いや~・・・今年に入り、中国・韓国の仮想通貨の規制、そして、某コインチェックのNEMの流出問題。そんなこんなで、年明け早々大荒れだった仮想通貨市場も、また徐々に値を ...

-仮想通貨について
-, ,

Copyright© えたばりゅ暗号通貨情報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.