運用孫の手ノート

海外の仮想通貨トークンを日本円に変えるまでの手順を分かりやすくご説明!

こんにちは。えたビットです。

今回は、国外の仮想通貨取引所でのみ取り扱われているような、アルトコインなどの暗号資産を日本円に変換する手順をバッチリ分かりやすくご説明したいと思います。

では、今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

海外取引所でのみ取り扱われている暗号資産を日本円に変換する方法をバッチリ分かりやすくご紹介!

仮想通貨といえば、やはりビットコインやイーサリアムなど、仮想通貨を扱ったことがないような方でもその名前は知っているようなものが代表的な存在ですよね。これらの通貨は、日本の仮想通貨取引所でもほぼ全てのところで取り扱われていて、簡単に日本円に変換することができます。

しかしながら、これら日本円にすぐ変換できるような仮想通貨は現在出回っている暗号資産のほんの一部で、そのほとんどは海外の仮想通貨でのみ、取り扱いが成されております。問題は入用になってそれらの通貨を日本円に変換したい時。

こういった海外取引所では、保有している暗号資産を日本円に変換することができないんですよね。そして、その方法を問い合わせようにも先方に日本語が通じないケースがほとんどで、そういったやり取りも煩わしいので、結局変換をあきらめてしまいがちになってしまいます。そうなると、せっかく保有している暗号資産はデータ屑と同じようなものになってしまいますよね。

でも、こういった暗号資産もしっかりと日本円に変換することができるんです。では、早速その手順を解説していきましょう。

海外取引所でのみ扱われている暗号資産を日本円に変換する手順1.変換したい暗号資産をビットコインにトレードする

国内仮想通貨取引所で、取り扱われていないならば、国内取引所でも取り扱いがある仮想通貨に変換してしまいましょう。

まずは、その海外仮想通貨取引所で、日本円に変換したい暗号資産をビットコインなど、ほぼ全ての国内仮想通貨でも取り扱われているビットコインにトレードします。トレード方法は各取引所で若干の差異はあって、使用言語も英語なので、最初は少し手間取るかもしれませんが、やり方自体は国内の仮想通貨取引所でもほぼ同じなので、問題なくトレードできるかと思います。

トレードに関しての注意点

トレードの関しての注意点は、出来高によってはトレードが成立しない場合があるということ。出来高はローソク足の長さでその多い少ないを判断できるのですが、その通貨とビットコインのレートを見て出来高があまりに少ない場合、現在その通貨の取引はほとんど行われていない(その通貨を購入したい人がほとんどいない)ということになるので、取引が成立しない場合があるんです。

また、その通貨を扱っている取引所が何らかの理由で、その通貨をロックしている場合。

こういった場合は、残念ながらトレードが成立しないので、少し時間を置くか出来高が大きくなるのを待つほかありません。通貨がロックされている場合は、取引が再開されるのを待ちましょう。

海外取引所でのみ扱われている暗号資産を日本円に変換する手順2.トレードしたビットコインを国内の仮想通貨取引所に送金する。

次にビットコインなどにトレードした暗号資産を、その海外仮想通貨取引所から日本の仮想通貨取引所に送金します。もちろんビットコインでなくとも、イーサリアムやリップルなど、多くの国内仮想通貨取引所で取り扱いが成されているような通貨でも差支えはないですが、送金場所に指定する国内仮想通貨によっては、取り扱いがない通貨もありますので、トレードする前に、送金場所に指定する国内仮想通貨取引所が、トレードを行う通貨を取り扱っているか、確認しておきましょう。

また、少ないケースではあるものの、少し前まで盛んにICOも行われていたため、国内仮想通貨取引所に登録していないけど、海外仮想通貨取引所にはアカウントを持っているということがあるかもしれません。

こういった場合は、先に国内仮想通貨取引所でもアカウントを作っておきましょう。

送金に際しての注意点

送金する際には、送金先のアドレスをしっかりと確認して間違いがないようにしておきましょう。暗号資産に関しては、送金先を間違えてしまうと、最悪その資産が無くなってしまう可能性もあるので、アドレス間違いには十分注意する必要があります。

また、送金する額によっては、海外仮想通貨取引所のほうでKYC認証を通しておかないと、送金する額に制限がかかっていることがほとんどです。制限額はその取引所によってまちまちですが、高額になる場合はKYC認証を行っておく方が無難かと思います。

海外取引所でのみ扱われている暗号資産を日本円に変換する手順3.着金したビットコインを日本円に変換する

送金する額や使用した取引所の環境によって差異はあるものの、特別な遅延がない限り、遅くとも1~2日もすれば着金は完了しているかと思います。

着金が完了していれば、日本円に変換したいだけの金額を日本円に変換しましょう。

海外取引所でのみ扱われている暗号資産を日本円に変換する手順4.変換した日本円をお手持ちの銀行口座に送金する

後は、変換した日本円をお使いの銀行口座に送金すればオッケー。銀行口座に入金されるのを待ちましょう。おおよそ1日待てば入金は完了するはずです。

これで、海外仮想通貨取引所でしか取り扱われていない暗号資産を日本円に変換するための手順は終了です。お疲れさまでした。

最後に

いかがだったでしょう。今回は、海外仮想通貨取引所でしか取り扱われていない暗号資産を日本円に変換する手順を分かりやすく解説してみました。是非ゼヒ、参考にしてみて下さいね。

あと、一応念のためにといいますか、日本円に変換したい場合は一連の作業はできる限り一気にやっちゃいましょうね。というのも、暗号資産はご存知の通り、法定通貨に比べると価格レートの変動振り幅が激しいので、あまり長期間時間をかけてしまうと、場合によっては変換する前の価値よりもかなり下がってしまう可能性があるので。

こちらの記事があなたの暗号資産プロテクトのお役に立てれば幸いです。ではでは、今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

bannerms0

bannerms0

記事が役に立ったらクリックプリーズ(^^♪

こちらではとても価値のある特別なご案内をしております。

1

こんにちは(^^♪ 「えたばりゅ投資情報局」管理人のえたビットです。 当ブログに遊びに来ていただき、本当にありがとうございます(^^♪ こちらでは、仮想通貨やFXに関するお役立ち情報や、仮想通貨取引所 ...

-運用孫の手ノート
-,

Copyright© えたばりゅ投資情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.