仮想通貨関連ニュース速報 取引所・ウォレット情報

国内大手仮想通貨取引所各社 ETC(イーサリアムクラシック)の利用を制限

こんにちは。えたビットです。

今回は、ETC(イーサリアムクラシック)に関して、ETCを取り扱っている国内の大手仮想通貨取引所の各社が利用制限を行い始めたので、その関連のニュースをお伝えしようと思います。

国内暗号資産取引所大手各社ETC(イーサリアムクラシック)の取り扱いを一時利用制限へ

私はETCは現在のところ、保有はしていないんですが、アカウントを持っているというところで、先日国内暗号資産取引所である、bitflyerさんと、coincheckさんからこのようなご連絡をいただきました。

どちらの取引所も現在取り扱っている、ETC(イーサリアムクラシック)の利用を一部制限するというもの。

ETC(Ethereum Classic:イーサリアムクラシック)はその名の通り、ETH(Ethereum:イーサリアム)から派生した暗号資産で、2016年にETHが抱えていた問題を解決させるために誕生しました。

そんなETCなのですが、この度51%攻撃をうけ、それを解決させるためにETCの大規模な再編成が行われているようなんです。その不安要素を払しょくするため、bitflyer、coincheckなど、現在ETCを取り扱っている大手暗号資産取引所では、ETCの預け入れの停止、積み立ての停止など、ETCに関して、一部そのサービスの利用制限を行っております。

51%攻撃とは

51%攻撃とは、簡単に申し上げると、仮想通貨のマイニングというシステムから生じる問題で、1つのグループ、または個人マイナーがその暗号資産の採掘速度を50%以上支配し、悪意を持った取引を行うことで、現在ビットコインはじめほとんどの暗号資産に生じる可能性がある問題といえます。

再編成(リオーグ)の目途が付く時期は不明ですが、当面はETCの利用が制限されるといってもいいかもしれませんね。

bannerms0

bannerms0

記事が役に立ったらクリックプリーズ(^^♪

こちらではとても価値のある特別なご案内をしております。

1

こんにちは(^^♪ 「えたばりゅ投資情報局」管理人のえたビットです。 当ブログに遊びに来ていただき、本当にありがとうございます(^^♪ こちらでは、仮想通貨やFXに関するお役立ち情報や、仮想通貨取引所 ...

-仮想通貨関連ニュース速報, 取引所・ウォレット情報
-

Copyright© えたばりゅ投資情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.