暗号通貨(仮想通貨)が起こすフィンテック。時代の流れに飛び込むために。

えたばりゅ暗号通貨情報

仮想通貨について

ビットコインと他の暗号通貨(仮想通貨)の違いとは?

更新日:

こんにちは(^^♪えたビットです。
先日、友人でありブロガーさんでもある、さくらノさんより暗号通貨についての素朴でもっともな質問を頂きました。さくらノさんは、主に化粧品などのレビュー記事を書いておられる方で、ビューティー系の役立つ情報を発信しておられます。そして、ご本人さんはFXでトレーディングもされておられるトレーダーさんでもあり、経済指標に疎い私えたビットは本当にいい勉強をさせていただいております。

また、メインである化粧品のレビュー記事は自らの実体験をもとに、ものすごく丁寧に分かりやすく記事を書いておられるので、女性の方は特にお役立ち情報満載かと思います(^^♪そんなさくらノさんのブログはこちら

アラフィフ目線 美容と健康の通販レビュー

化粧品などに悩まれている女性の方は、是非ゼヒ覗いてみられてはいかがでしょうか。

さて、そんな美の魔術師、さくらノさんから頂いたご質問は、ビットコインと他の仮想通貨に違いについて。

至極もっともなご質問ですよね。これは気になっておられる方も多いかと思います。ですので、今回はビットコインと他の仮想通貨の違いについて、ご紹介していこうと思います。ではでは、今回も最後までお付き合頂けましたらと思います。

暗号通貨(仮想通貨)の代表格 ビットコインと他のコインとの違いとは

ビットコインというと、最近は新聞やニュースでも取り上げられているので、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。もっと言えば、暗号通貨(仮想通貨)といえば、ビットコインを指すものだとお思いになられておられる方も多いかと思います。

もちろん間違いではないのですが、実はビットコインは暗号通貨と呼ばれる通貨の一部であり、ほかにも世界にはたくさんの仮想通貨が存在するんです。ビットコインはその代表格というところですね。

ビットコイン以外の暗号通貨

暗号通貨はまだこれからの、発展途上の金融商品ですが、それでも現段階で世界中に多くの仮想通貨が存在しております。代表的なところとしましては、

  • Ethereum(イーサリアム):単位 ETH
  • Ripple(リップル):単位 XRP
  • NEM(ネム):単位 XEM
  • Lisk(リスク):単位 LISK

などがあります。最近では、あの GACKT(ガクト) さんが参入して話題になっているSPINDLE(スピンドル)という、暗号通貨もありますね。(こちらはまだ一般公開『ICO』されていないので、購入することはできません。)

ちなみに単位はその暗号通貨を表す単位で、1円、1ドルといった「円」・「ドル」といった通貨単位と同じものになります。

このように、ビットコイン以外にも約1500種類にも及ぶ暗号通貨が存在しております。そして、スピンドルのようにドンドンと新しい暗号通貨が生まれようとしているんですね。もちろん、生まれたはいいですが、全然見向きもされず、人知れずなくなっていく暗号通貨もたくさんあります。

そんな急成長を遂げています、暗号通貨。ビットコイン以外の暗号通貨をアルト(オルト)コインと呼んで区別しております。

ですので、上記のようなビットコイン以外の暗号通貨は、アルトコインと呼ばれております。

ビットコインとアルトコインの違い

これは一言で申し上げれば、ドル、円、ユーロといったような通貨の違い。

ということになります。

例えば、リアルマネーでも世界で扱われている通貨は、

  • ドル
  • ユーロ
  • ウォン
  • ペソ
  • ルーブル

などなど。色々ありますよね。それと同じようなものと思っていただければと思います。

では、なぜビットコインだけ特別扱いで、他の暗号通貨はその他大勢的な感じになっているのでしょうか。

ビットコインだけ独立している理由

これには、ビットコインが暗号通貨の祖とも呼ばれる存在で、一番最初に暗号通貨としてプログラミングされ、世に出回ったのがビットコインであるからです。ですので、ほかのコインに比べると、その信用度に現段階ではかなりの差があることがあげられます。そして、ビットコイン以外の暗号通貨がどんどん生まれてくるにあたり、その信用度から暗号通貨の※基軸通貨的役割を担っているんですね。

いわば、現段階の「ドル」のようなものだと解釈していただければと思います。

※基軸通貨とは、前回の記事、暗号通貨(仮想通貨)を始めるにあたってまずは取引所に登録しよう でも触れましたが、確認のため今一度(^^♪ 基軸通貨とは数ある国際通貨の中でも、最も中心的な通貨のことで為替や国政金融取引などにおいて、取引に採用されている通貨のこと。

いかがでしょう。ざっくりとですが、これがビットコインとそのほかの暗号通貨、アルトコインとの違いになります。こうしてみると、「あぁ、ただ種類が違うってことね(^^♪」っていうことがお分かりいただけるのではないでしょうか。

最後に

いかがだったでしょう。今回は暗号通貨の基軸通貨である、ビットコインとそのほかのコインであるアルトコインの違いについてご紹介させていただきました。これからどんなアルトコインが生まれてくるのか。このあたりも楽しみですよね(^^♪

では今回はこのあたりで。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

 

あ、そうそう。そろそろ、暗号通貨と仮想通貨は同じものと認識していただけたかと思いますので、次回からは当ブログは「仮想通貨」で統一させていただきたいと思いますm(__)m

おススメ記事

1

こんにちは(^^♪ えたビットです。いや~・・・今年に入り、中国・韓国の仮想通貨の規制、そして、某コインチェックのNEMの流出問題。そんなこんなで、年明け早々大荒れだった仮想通貨市場も、また徐々に値を ...

-仮想通貨について
-, , ,

Copyright© えたばりゅ暗号通貨情報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.