暗号通貨(仮想通貨)が起こすフィンテック。時代の流れに飛び込むために。

えたばりゅ暗号通貨情報

取引所

暗号通貨(仮想通貨)を始めるにあたってまずは取引所に登録しよう

更新日:

こんにちは(^^♪えたビットです。
前回の記事、今が投資時!暗号通貨(仮想通貨) では、暗号通貨(仮想通貨)のこれからの展望などの個人的な意見などを述べさせていただきました。では、実際暗号通貨を始めていくにあたって、そもそも一番最初に何をすればいいのか。今回はそのあたりについて触れていこうと思います。

こちらの記事をご覧いただくことで、仮想通貨を始めるにあたって、まず何をすればいいのかが分かり、仮想通貨の更なる世界が広がってくるのではないかと思います。ではでは、今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

暗号通貨(仮想通貨)を始めるにはまず取引所の登録から

昨年から日本でも話題沸騰の暗号通貨。日本でも、通貨として認められたのは前回お伝えした通りです。しかしながら、通貨として認められ、日本円のように商品とコインの交換ができるようになったものの、まだまだその市場は生まれたてといっても過言ではなく、大きなポテンシャルを秘めている事は間違いない事実ではありますが、暗号通貨で直接商品代を支払うことができるお店が増えるようになるまでは、もう少し時間がかかるといえます。

そもそも仮想通貨を購入しようにも、どこから購入をすればいいのか、わからないという方もいらっしゃるかと思います。ビットコインに代表される仮想通貨を購入するには、まず日本の「取引所」といわれる機関に、登録する必要があります。では、取引所とは一体どのようなところなのか、そちらについて簡単にご説明していきましょう。

取引所とは

暗号通貨取引所とはリアルマネー(日本円など)を使って仮想通貨を購入するための機関で、日本円を使って暗号通貨を購入したい場合、まずビットフライヤーやZaifなどに代表される日本の取引所に登録をし、そこから暗号通貨を購入する必要があります。また取引所には他にもいろいろな役割を担っております。

暗号通貨取引所の主な役割

暗号通貨取引所の主な役割として、

  • 暗号通貨の購入(購入方法は取引所への銀行振り込みなど)
  • 暗号通貨の売却
  • 売却を行った際、その日本円を銀行に移したい場合の橋渡し
  • 暗号通貨で支払いを行いたいときに相手先へコインを送金する
  • 暗号通貨で報酬を受け取りたい場合相手先からコインを入金してもらう受け皿
  • 海外取引所との橋渡し など

ざっくりとですが、このような役割があります。最後の海外取引所との橋渡しなのですが、日本の取引所はBitrexやBinanceなどの大手の海外取引所に比べると、取り扱っている暗号通貨の種類はまだまだ少ないのが現状。

ですので、日本の取引所にはない暗号通貨を購入したいときは、海外の取引所からその該当するコインを購入する必要があるのですが、今の現状では海外取引所では日本円で仮想通貨を購入することができないんですね(^^;

なので、海外の取引所にはあるけれども、日本の取引所にはない。

そんな暗号通貨を一から購入したいときは、まず日本の取引所でビットコインまたはイーサリアムを購入する。そのコインを海外取引所に送金する。(海外取引所にも事前に登録しておく必要があります)そして、海外取引所でコインを購入したい暗号通貨に交換する

といった流れが必要になるんですが・・・



まぁ、この辺りは少し複雑になりますので、また次の機会にご説明させていただきますね。なので、これから暗号通貨を始める最初の段階では、まず暗号通貨の※基軸通貨であり、日本のどの取引所でも取り扱いのある、ビットコイン、もしくはアルトコインの筆頭通貨である、イーサリアムの購入から始めるのがいいかと思います。

※基軸通貨とは、数ある国際通貨の中でも、最も中心的な通貨のことで為替や国政金融取引などにおいて、取引に採用されている通貨のことで今のリアルマネーでいうところの、米ドルになります。

取引所に登録するまでの大まかな流れ

日本には先ほど少し述べた通り、Zaifやビットフライヤーに代表される色々な取引所があります。その取引所に登録するまでの大まかな流れとして、

スマホやPCを使って、取引所のホームページにアクセスする。

  1. 取引所のホームページから登録申請をする。
  2. 登録に必要な必要事項を記入する
  3. 規約に同意する(ご存じだと思いますが、規約同意がないと登録はできません)
  4. 仮登録が終了
  5. 登録した住所あてに取引所より手紙が届く
  6. 手紙が届いた時点で本登録完了
  7. 取引所で各取引が可能になる

というような感じで、これが大まかな流れになります。金融関係の機関に分類されるので、認証コードの入力が必要だったりと少し手間なところがありますが、登録自体、そんなに複雑怪奇なものではなく、ASPサイトやネットバンキングに登録できるくらいの方であれば迷うことなく登録ができるかと思いますので、登録の具体的な方法についてはこの下のリンク先記事をご覧いただけましたらと思います。

具体的な取引所への登録手順はこちら

手数料がオトクな仮想通貨取引所 Zaif に登録しよう

こんにちは(^^♪えたビットです。 今回は国内取引所でも、手数料が安価でお得である国内仮想通貨取引所、Zaif の登録手順を分かりやすくご紹介したいと思います。この記事をご覧になることによってZaif ...

手数料のオトクな海外取引所 Binance の登録方法と2段階認証を分かりやすく説明してみる

こんにちは(^^♪えたビットです。 世界には、1500もの仮想通貨があることは、少し前の記事、ビットコインと他の暗号通貨(仮想通貨)の違いとは? でも、少し触れさせていただきました。現在日本は、政府が ...

国内取引所 GMOコインへの登録を分かりやすく説明してみる

こんにちは(^^♪えたビットです。 年始から色々とあった仮想通貨の国内取引所ですが、現在落ち着きを取り戻しつつありますね。以前にもお伝えさせていただきましたが、仮想通貨はその銘柄によって、取り扱ってい ...

ちなみに、私えたビットは現在のところ、日本の取引所にはビットフライヤーやZaifといったところに登録させていただいておりますが、双方ともに登録方法手順については同じ流れになっております。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

・・・登録というと、何か複雑なものを想像される方がいらっしゃるかもしれませんが、銀行の口座開設のようなものと思っていただけましたらと思います。

取引所を登録するにあたっての注意点

まぁ・・・注意点っていうほどのことではないですが、日本の取引所でも扱っているコインは微妙に違うんですね。ですので、例えばZaifにはあるけれどもビットフライヤーにはない。またその逆も然り。といった具合に各取引所によって取り扱って言うコインが違うというところがあります。銀行系でも、その銀行や金融機関によって取り扱っているファンド商品が違いますよね。

ですので、こういった取引所に登録する際は、あなたの購入したい暗号通貨があるかどうか。それを事前に確かめておくとよいでしょう。

取引所に登録するにあたってのメリット

このように、取引所に登録しておくと暗号通貨を運用するにあたって様々な役割を担ってくれる取引所ですが、他にもメリットはあります。特にブログなど、ご自身の情報発信媒体をお持ちの方にはなかなか美味しいメリットではないでしょうか。

もうお気づきかと思いますが、取引所によっては登録することによって、その取引所のアフィリエイトができるんです。ですので、コインを運営しながらアフィリエイトも狙えるという利点があります。

最後に

いかがだったでしょう。今回は暗号通貨の運用を始めるにあたって最初に行う取引所について触れさせていただきました。もちろん、取引所を登録するにあたって登録料であったりとか、システム管理費であったりなどの料金は発生しません。(ただし、銀行の振り込みなどと同じく、暗号通貨を相手先へと送金する場面では手数料が発生します)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ただ、この取引所は上記に登録までの大まかな流れをご説明させていただいた通り、登録が完了し、取引所を利用できるようになるまでは少し日数が必要になります。暗号通貨を利用したいときに、すぐに行動を起こせるようにしておくためにも、まずは取引所の登録を行ってみてはいかがでしょうか。

では今回はこの辺りで。今回も最後までお付き合いいただきありがとうございます(^^♪

bannerms0

bannerms0

記事が役に立ったらクリックプリーズ(^^♪

おススメ記事

1

こんにちは(^^♪ えたビットです。今回は同じ仮想通貨における運用方法の一つである、「アービトラージ」について、しっかりと分かりやすく説明してみたいと思います。 こちらの運用方法。しっかりと使いこなせ ...

-取引所
-, , ,

Copyright© えたばりゅ暗号通貨情報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.