XMラボ

XM(XM Trading)から銀行に出金する手順をバッチリ分かりやすく解説!

こんにちは。えたばりゅです。

今回は、海外証券会社「XM TRADING」から、収益金などを出金し、銀行口座に振り込む手順にフォーカスして、バッチリ分かりやすく解説したいと思います。こちらの記事をご覧いただくと、出金方法がスッキリ分かるようになりますので、是非ゼヒ今回も最後までお付き合いいただけましたら幸いです。

XMから収益金などを出金し、銀行に入金するための方法と注意すべきこと

先日、私も恐縮ではあるのですが、AIを搭載したFXの自動システムを使っての運用で、XMである程度まとまった収益を発生させることができたので、早速その収益を引き出しました。

ただ、XMは海外の証券会社ということもあり、ちょっと国内のそれとは違って、特有の注意点とかもあるんですね。まずは、XMから出金するにあたり、注意しておくべきことをいくつかご紹介しておきたいと思います。

XMからの出金に際して、注意すべきことと準備しておくこと

まず注意するべきこととして、

  • 出金金額によっては出金手数料がかかる
  • ポジションを保有したままでの出金は可能出金額に制限がある
  • 銀行によっては出金処理できない銀行がある

といったところ。

XMでは、銀行への入金であれば、最低10,000円円から出金が可能なのですが、出金額が20,000円未満だと、出金手数料がかかるんですね。その手数料が意外とバカにできない金額でして、その額は6000円以上になります。なので、出金する額が少ないと、せっかく発生させた収益をほぼ手数料で持っていかれてしまう羽目になります。

なので、一度に出金する額は出金手数料がかからない、20,000円以上で出金されることを個人的にお薦めします。

また、XMでは出金するときは一度ポジションを閉じて出金することを推奨していますが、一応ポジションを保有したままの出金も可能です。ただ、その場合、証拠金維持率を150%以上にしておく必要があります。

こちらが、証拠金維持率。ココが150以下の数字であればポジションを保有したままでの出金はできないんですが、問題なさそうですね。このように、証拠金維持率はMT4の画面で確認することができます。

出金先に指定できない銀行

また、XMは海外証券会社ということで、海外送金に対応していない銀行(SWIFTコードを持っていない銀行)を送金先として、指定することができません。

送金できない銀行は

  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • セブン銀行
  • じぶん銀行
  • 新生銀行

これら以外にも「SWIFTコード」を持っていない金融機関への送金はできないので、もしこれらの銀行蚤の口座しかない場合は、出金前に口座を作っておくことをおススメします。(新生銀行はSWIFTコードを保有している銀行ですが、新生銀行独自の基準で送金をすることができません)

また、送金すると保有ボーナスも出金額に応じて減額されるのですが、こればっかりはしょうがないですね。

では、出金するための手順を解説していきましょう。

XMの口座から銀行に出金するための手順

まずはXMにログインし、出金タブをクリックします。

するとこのように出金申請ページに移動しますので、必要事項を入力していきます。「受取人の下のお名前」及び「受取人の姓」はデフォルトで入力されていると思いますが、それ以外はアルファベットで入力する必要があります。

住所の英語表記に関しては、こちらの記事で詳しくご紹介しておりますので、良ければこちらの記事も併せてご覧ください。(「銀行口座の国」、「銀行口座の通貨」に関しては、ボックスの右側にある「▼」をクリックし、該当項目を選択)。

超便利!海外仮想通貨取引所のKYC登録申請には住所英語変換サイトを活用しよう!

こんにちは。えたビットです。 最近は仮想通貨の取引所などに新規登録する場合やある程度まとまった通貨を送金する場合は、どの取引所もKYC認証を完了していることが条件になってきましたね。 日本の仮想通貨取 ...

続きを見る

次に受け取り銀行に関する必要項目を入力していきましょう。仲介銀行に関してはなければ、空欄で大丈夫です。支店コードはその銀行の店番です。

SWIFTコードの調べ方

SWIFTコードの調べ方はお使いの銀行にお問い合わせいただいても良いのですが、「〇〇銀行 SWIFTコード」という感じで、検索していただければすぐ表記されることが多いので、パソコンやスマホで検索ほうが手っ取り早くて済みます。

そして、出金額ボックスに出金額を入力し、注意書きのところのボックスの内容を理解したうえで、チェックマークを入れ、最後に「リクエスト」をクリックします。

するとこのように、画面が移行して、出金申請が正常に終わったことを知らせるページに移動します。

※入力に時間がかかりすぎると、タイムアウトしてしまうことがあるので、もしそうなった場合は手間ですが、もう一度最初から入力する必要があります。

ただ、これでまだ完了というわけではありません。この画面が表示されたのち、通常ん出れば、24時間以内に出金処理可能の旨のメールが登録メールアドレスに届きます。

このメールが届けば、約2~5日で銀行に振り込まれるので、後は入金されるのを待ちましょう。

最後に

いかがだったでしょう。今回は、XMの出金処理のうち、銀行に出金する方法にフォーカスして、その手順を注意点などを分かりやすく解説させていただきました。良ければご参考になさっていただければと思います。

一度、出金実績を作っておき、またその銀行からXMに入金実績があれば、次の出金から派クイック出金も使えるようになるので、次からはそちらを使うと便利かなと思います。ではでは、今回はこの辺りで。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

bannerms0

bannerms0

記事が役に立ったらクリックプリーズ(^^♪

こちらではとても価値のある特別なご案内をしております。

1

初めまして。えたビットと申します。 こちらのブログでは暗号資産(仮想通貨)やFXなど投資に関するお役立ち情報を発信していきたいと思うのですが、今回はごあいさつということで、どうぞよろしくお願い申し上げ ...

-XMラボ
-,

Copyright© えたばりゅ投資情報局 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.