暗号通貨(仮想通貨)が起こすフィンテック。時代の流れに飛び込むために。

えたばりゅ暗号通貨情報

取引所

手数料がオトクな仮想通貨取引所 Zaif に登録しよう

更新日:

こんにちは(^^♪えたビットです。
いや~・・・コインチェック、色々と騒がれておりますね~。まだまだ話題尽きない、違う意味で今が旬という感じですが、じっくりと動向を伺うしかないですね(T▽T)

さて、去年のビットコインはじめ、仮想通貨の年末にわたる過熱で国外問わず各取引所が、開設申請に追われパンク状態だったようです。加えて某コインチェックの騒動により、新たに取引所の登録をしようとする方がたくさんいらっしゃるようで(私えたビットもその一人)、現在も通常より、登録完了が遅れてしまっているようですね。

そして、各取引所共に、セキュリティ向上アピールであったりとか、流出顧客の獲得に積極的に乗り出しているなという印象がうかがえます。

そこで、今回は国内取引所でも、手数料が安価でお得である、Zaif の登録手順をご紹介したいと思います。ではでは、今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

仮想通貨取引所 Zaif の簡単登録手順

仮想通貨の取引所の登録は、インターネットを通じて行うが主流ですが、メールアドレス登録で、はい、取引どうぞ♪

というわけにはさすがにいかず、いくつかの段階を踏んで登録完了になります。その段階として

  1. 取引所のホームページにアクセスする。
  2. 登録ページで、本人確認など、必要事項を記入し登録手続きを行う。
  3. 後日、登録手続きを行った住所宛に取引所から登録を完了させるためのはがきが送られてくる
  4. 取引所にログインし、はがきに記載されている、本人確認コードを入力する

これで初めて、本登録が完了し、取引が可能となります。

めんどくせーΣ(´∀`;)って思われるかもですが、やはりお金に直結する登録なので、慎重に慎重を重ねるのは致し方ないところであり、こちらが行う行程としてはそんなに手間がかかるものではありません。

では、さっそく Zaif の登録手順をご紹介していこうと思います。

仮想通貨取引所 Zaif の登録手順

まず最初に Zaif にアクセスします。

するとこのような、Zaif の登録画面が表示されるかと思いますので、赤枠の場所にあなたのメールアドレスを記入し、「無料登録へ」ボタンをクリックします。

少し待つと、登録したメールアドレスアドレス宛に、Zaifからこのようなメールが届きますので、赤枠のリンクをクリックし、登録手続きを行っていきます。

まずは、赤枠①の「利用規約」と「重要事項説明」をクリックし、各要項を確認して、チェックボックスにチェックを入れます。

※各要項は読む必要があり、各ページを読まないまま、いきなりチェックを入れることはできません。

次に赤枠②を記入していきます。

メールアドレスは、先ほど登録したアドレスが自動挿入されておりますので、ログインするためのパスワードをボックスに入力していきます。

※金融関係ですので、パスワードが簡単すぎると、再入力を求められます。

「利用規約」と「重要事項説明」のチェックマークと、パスワードの入力が完了すると、「同意して登録ボタン」がクリック可能になりますので、クリックして次の行程に進みます。

次に「本人確認手続きを開始」ボタンをクリックし、本人確認事項を記入していきます。

記入する項目は、

  • 居住国
  • 名前
  • 住所
  • 生年月日
  • 使用言語
  • 職業
  • 使用目的
  • 外国PEPs に該当するか否か

となります。居住国、職業、使用目的はボックスをクリックすると、選ぶ項目が出てきますので、そこから選んでいただくとができます。

最後の外国PEPs って(・・? という方も多いかと思いますので、簡単に説明しておくと、日本でいうところの、行政機関の総理大臣などの要人(現職、元含む)とその家族というようなものになります。(絶対数としては、かなり少ないのでラジオボタンもデフォルトで「いいえ」になってますw)

まず、日本人であれば、そのような方とご結婚でもされていない限り、ほとんどの方はいいえに当てはまりますね(^▽^;

詳しくはこちらの、Zaif の外国PEPsについて をご覧いただけましたらと思います。

すべての記入が終わりましたら、「変更」ボタンを押し、次の行程へと進みましょう。

次に行うのは本人確認を行う書類を提出する作業になります。

まずは「基本情報」タブから赤枠①の本人確認タブをクリックし、本人確認のページに切り替えます。

次に赤枠②本人確認書類ボタンを押し、赤枠③の提出する、本人確認書類を選択します。

私えたビットが登録する時はなぜか、他の選択ができなかったので、運転免許で行いました。

書類の提出は、郵送でなく該当書類の画像をアップロードし、提出します。

上記赤枠のように、運転免許証であれば、裏表それぞれアップロードする必要があります。まずは、「ファイルを選択」ボタンで、該当ファイルを選択したら、「ファイルをアップロード」ボタンを押し、提出を完了させます。

運転免許は裏面に記載事項がなくても、提出する必要があるみたいですね。

これらの項目を完了し終わると、Zaif側で基本情報と提出書類に差異がないかの確認が行われます。

確認が終了すると、Zaifから先ほど登録したアドレス宛に、このようなメールが送られてきます。私えたビットの場合は、翌日には確認完了のメールが届いておりました。

あとは、登録を完了するための「本人確認コード」が後日、Zaifから送付されてきますので、そのコードを上記画像で登録することにより、本登録が完了になります。

最後に

いかがだったでしょう。今回は、仮想通貨の運用、取引を行う上で、登録が必須である登録所について、中でも手数料が他の取引所よりもオトクな仮想通貨の取引所である、Zaif の登録手順をご紹介させていただきました。仮想通貨は日本でも通貨として、利用できる便利なものですが、各手数料が高いのがネックですよね(T▽T)

手数料が高いのは、仮想通貨のシステムを考えると致し方ないところがあるのですが、できるだけかかる経費は押さえたいところ。そんな手数料を安価に抑えることができるのはやはり魅力の一つといえるのではないでしょうか。

では、今回はこの辺りで。今回も最後までお付き合いいただきえ、ありがとうございます(^^♪

 

こちらでも、Twitterアカウント作りました~(^^♪ 良ければフォローお願いしますm(__)m

えたばりゅ暗号通貨情報Twitterページへ

おススメ記事

1

こんにちは(^^♪ えたビットです。いや~・・・今年に入り、中国・韓国の仮想通貨の規制、そして、某コインチェックのNEMの流出問題。そんなこんなで、年明け早々大荒れだった仮想通貨市場も、また徐々に値を ...

-取引所
-, , ,

Copyright© えたばりゅ暗号通貨情報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.