ICO参加レポート

MBCからASCAトークンへ 医療系仮想通貨着々と進行中!

更新日:

こんにちは。えたビットです。

昨年2018年の7月ごろに医療系仮想通貨、MBCトークンというトークンのICOの参加報告をさせていただいたのですが、こちらに大きな動きがあったので、今回は予定していた記事を変更して、こちらのご紹介をさせていただきたいと思います。

現段階でMBCトークンをもし購入しようか、否か迷っているのであれば、今回の記事は非常に大事な要素を含んでおりますので、ぜひ今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

MBCからASCA(アスカ)へ MBCトークン間もなく販売終了

一応簡単に説明しておくと、MBCトークンはMedicalbit Foundation
メディカルビット財団が手掛けるトークンで、エストニア共和国と日本を拠点に活動しております。

メディカルビット財団の活動内容

Medicalbit Foundationの活動内容としては、Asclepius Network(アスクレピアス ネットワーク)というプロジェクトの元、最先端医療技術を世界の隅々にまで浸透させることを目標とする活動を行っております。

ちなみに「Asclepius(アスクレピアス)」とはギリシア神話に登場する薬方の神のことを指します。

MBCトークンについては、こちらの記事で詳しくご紹介しておりますので、どのような通貨なのか情報を得たいということであれば、まずこちらの記事をご覧いただければと思ます。

ついに医療の分野に仮想通貨が進出!メディカルトークン 販売開始

こんにちは(^^♪えたビットです。 この度、私が参加していた2つのICO案件の残りの1つが2018年6月27日(水)に一般公開されました。そのトークンはMEDICAL BIT が手掛ける「MBCトーク ...

いかがでしょう。ただ単に医療で使う予定です。

といったものではなく、かなり具体的な計画の元、プロジェクトが進行しているのがお判りいただけるのではないでしょうか。

しかしながら、この仮想通貨トークンとしても期待値が見込めるMBCトークンは間もなく販売が終了ということになります。

MBCトークン販売終了の理由

何で今から進出して世界に羽ばたくはずのトークンが販売終了になるの??

っていう疑問も当然あるかと思いますが、これには技術的な問題があり、MBCトークンでは、メディカルビット財団が行おうとしている、プロジェクト「Asclepius Network」への応用が難しくなってしまうんですね。

そこでその問題をしっかりと解決し、世界的な規模で「Asclepius Network」を進出させていくために開発されたのが、ASCA(アスカ)トークンというわけです。

そして、MBCトークンから新たに生まれ変わったASCA(アスカ)トークンがシンガポールの仮想通貨取引所、「Top Force」で2019年3月21日に上場予定となっております。

さすがこのプロジェクトは注目度が高いというだけあり、日本や香港などのアジア圏はもちろん、イギリス、ドイツ、フランス、カナダなど世界各地のメディアで紹介されております。

財経新聞

YAHOO Finance(海外版)

「Top Force」については近々またご紹介させていただきますが、比較的新しい取引所なのですが、50以上の仮想通貨を取り扱っている、かなり注目度の高い取引所になります。

Top Force ホームページ

取り扱い通貨は

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • LTC(ライトコイン)
  • XRP(リップル)

などの有名どころ通貨はもちろん、あの噂のADAなども取り扱いがあり、非常に面白い取引所といえます。

ということもあり、MBCトークンは2019年3月20日をもって販売終了になってしまうんですね。

でも、それだけ期待値の高いASCAトークンがこれから帰るようになるならば、わざわざMBCトークン購入する必要がないんじゃないの?

って思われますよね。

しかしながらですね。MBCトークン保有者にはASCA保有にいろんな有利な特典があるんですね。

MBCトークン保有者のASCA保有優遇処置について

まず、MBCトークン保有者は、一般よりも有利なレートでMBCトークンをASCAトークンにスワッピングできる権利が与えられます。

また、このスワップはもちろん権利ですので、強制ではなく、そのままMBCトークンを保有するのであれば、毎月一定の割合でASCAトークンを受けとることができます。ステーキングというやつですね。

このようにMBCトークンを保有していると、一般よりも有利な条件でASCAトークンを保有することができるんですね。

もちろん、やっぱりMBCトークンをASCAに変更したいということであれば、いつでもスワップすることができます。

MEDICAL BIT ホームページ

いかがでしょう。もちろん、医療系とはいえ投資の分野になりますので、元本は当然保証されるものではなく、計画のとん挫、トークンがデータ屑になるっていう可能性ももちろんありますが、医療の分野で僻地にまで、最先端医療を提供できるようになるかもしれない。

ってなところはやはり応援したくなりますよね。

最後に

いかがだったでしょう。今回は医療系仮想通貨トークン、MBCトークンのプロジェクトの進捗状況についてご紹介させていただきました。

やはりこのMBCトークンに限らず、ICOに関してはしっかりと情報源の出どこと、そのプロジェクトをしっかりと自分で納得のいくまで吟味・精査をして、納得したならば、長期スパンでしっかりと応援していかないとですね。

やはり自分が信じて投資したものに関しては、どのような結果になれど、最後までしっかりと応援していかねばと思います。

アスカちゃんが頑張ってくれることを期待しつつ、今回はこれ似てとさせていただきます。

MBCトークンについては、3月20日をもって販売終了になりますので、購入をご検討されているのであれば、少し決断もお急ぎくださいね。

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

MEDICAL BIT ホームページ

ご注意とお断りについて

投資においては確実というものはなく、この記事コンテンツでご紹介したプロジェクトに関しても、必ずしも実現するものではありません。MBCトークンにおいても、プロジェクトがとん挫し、元本割れ、もしくはデータ屑となる可能性ももちろんありますので、トークンを購入される際は投資のリスクについて、ご理解いただいたうえで、自己責任でお願いいたします。もし、そのような事態になりましても。当方では一切の責任を負いかねますので、予めご了承ください。

~関連記事~

ついに医療の分野に仮想通貨が進出!メディカルトークン 販売開始

こんにちは(^^♪えたビットです。 この度、私が参加していた2つのICO案件の残りの1つが2018年6月27日(水)に一般公開されました。そのトークンはMEDICAL BIT が手掛ける「MBCトーク ...

bannerms0

bannerms0

記事が役に立ったらクリックプリーズ(^^♪

おススメ記事

1

こんにちは(^^♪ えたビットです。今回は同じ仮想通貨における運用方法の一つである、「アービトラージ」について、しっかりと分かりやすく説明してみたいと思います。 こちらの運用方法。しっかりと使いこなせ ...

-ICO参加レポート
-, ,

Copyright© えたばりゅ投資情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.