仮想通貨用語集 相場解説と運用レポート

レンジとは?仮想通貨トレードで絶対覚えておきたい勝率アップのキー相場

更新日:

こんにちは。えたビットです。

今回は・・・どうしようかな・・・。仮想通貨の方も表立って目立った動きはないし・・・。

ってことで、今回も仮想通貨トレードの重要な売り買いの指標である、レンジ相場という用語をご紹介しようと思います。

レジスタンスライン、サポートラインと同じく、こちらを理解し、使いこなすことで トレード収益アップの可能性が確実に高まり、覚えておいて絶対ソンはない相場といえますので、是非今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

レンジとは 仮想通貨トレードで売り・買いポイントを見定める重要な指標

レンジとは、値動きがある一定の値幅内で繰り返されている状態のことを言います。

要は相場的に安定している状態ですね。

まぁ、言葉で言ってもアレですんで、今回もレンジ相場のチャートをご用意しましたので、まずはこちらの方をご覧ください。

画像はコインチェックさんよりお借りしました。

いかがでしょう。赤い枠に囲まれた値の幅で値動きが行われているのがお判りいただけるのではないでしょうか。(水色の枠は後でご説明させていただくので、まず無視してください)

このように、まるで箱に納まっているかのごとく値動きが上下しますので、こういった状態のことをボックスレンジとも呼ばれたりします。

ちなみにレンジというのは、仮想通貨トレードはもちろん、FXなどでも使用されており、こちらも覚えておくと他のトレードに応用ができます。

仮想通貨トレード ボックスレンジのメリット

メリットは何と言っても、売りと買いのポジションをある程度予想しやすくなるということ。値動きが一定の値幅で繰り返されているんで、そのボックスの最安値付近で買いを入れ、最高値付近の値段で指値を入れておく。

そして、また安値付近まで価格が下がってきたら買いを入れる。

ということを繰り返すことで、安定して収益を得られやすい状態といえます。

仮想通貨トレード ボックスレンジのデメリット

デメリットは・・・ないかなw

いや、ないっていうのもアレなんで、敢えてボックスレンジのデメリットを挙げるとすれば、値動きがある一定の範囲内で収まっているんで、一度に上がる収益幅がそんなに多くないこと。

ですので、レンジ相場でまとまった収益を上げるには、種銭を大きくするか、細かい値動きでコツコツを繰り返す必要があります。

まぁ・・・そもそも、「一発で収益を多く」なんてことを思ってしまった時点で、トレードとしてはマズい考え方なんで、こちらのデメリットは敢えてというところですが。

ただ、ボックスレンジにも注意するべき点はあります。

仮想通貨トレード ボックスレンジ相場の注意点

レンジの注意点としては何と言っても、レジスタンスライン、サポートラインと同じく、未来永劫このレンジ状態が続くというわけでなく、いつか必ずレンジ状態は終息するということ。

ちなみにレンジが相場からローソク足が抜けた状態のことをレンジブレイクといいます。

また、確実にある一定期間はレンジ状態が保持されるといったものではなく、あくまで指標の一つなので、あまりこちらも過信してしまわないことが重要といえます。

レンジはその状態が長ければ長いほどブレイクしやすくなる

レンジ状態は、これも必ずというものではないですが、その期間が長ければ長いほど、レンジブレイクを起こしやすくなる傾向があります。

ですので、もしあなたが買いのポジションを入れようとチャートを開いたとき、レンジ相場がある程度繰り返されていたら少し注意されたほうがいいかもしれませんね。

どの枠のレンジでポジションを取るかが大切

ここで今一度、先ほどの画像をご覧いただきましょう。

先ほど、赤の枠内で価格変動が起きていることをご説明させていただきましたが、大きく視点を取ってみると、この画像のように赤枠のレンジも水色の大きな値幅の枠内で、価格が変動していますよね。

このように、一見レンジをブレイクしたようで、視点を大きくとってみると大きな値幅でレンジを形成していることがあります。

どこのレンジ幅でポジションを取っていくかは、あなたのトレードスタイルに合わせていただければと思うのですが、参考までに一長一短を挙げさせていただくと、

小さいレンジ相場では、相場を読みやすいが、レンジブレイクを起こしやすい

大きいレンジ相場では、その価格幅が大きい分、その価格帯で反発する可能性が小さいレンジ幅よりも高いが、到達する前に小さいレンジ幅で反発してしまい、ポジション取りがうまくいかないときがある。

といったところでしょうか。よければご参考に・・・

レンジの反意語 トレンド

レンジの反意後として、トレンドという用語があり、こちらはレンジ相場とは逆にチャートが上昇、または下落に偏る相場のことを指します。

  • 価格が上昇に偏る相場を上昇トレンド
  • 価格が下落に偏る相場を下降トレンド

と呼んだりもします。

こと、何か大きな時事ニュースがあったり、各国の金融機関の重要人物が何かしらの発表を行った際はこのトレンドが発生しやすい状態といえますね。

また、レンジブレイクを起こした後も、トレンドに入ることが多くなります。

このように、レンジ相場を使うにあたって、もちろん注意点はありますが、上手く使えば収益アップの可能性が大幅に広がることがお判りいただけたのではないでしょうか。

最後に

いかがだったでしょう。今回は仮想通貨トレードで収益をアップさせるにあたって絶対覚えておいたほうがいい、レンジというものについてご紹介させていただきました。

やはりトレードは、仮想通貨も同じく、大きくドカン!を狙うのではなく、勝ちやすい相場を見極めて、着実にコツコツと、そして淡々とポジションを取っていくということが、収益アップのコツになるのかもしれませんね。

この記事があなたの仮想通貨トレードの収益化アップにお役立ちできれば幸いです。では、今回はこの辺りで。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

~関連記事~

レジスタンスライン・サポートラインとは?仮想通貨トレード収益アップするには必ず押さえよう

こんにちは。えたビットです。 今回は仮想通貨トレードの基本用語である、レジスタンスラインとサポートラインについて、バッチリ分かりやすくご紹介したいと思います。 このラインの特性をご理解いただくと、買い ...

bannerms0

bannerms0

記事が役に立ったらクリックプリーズ(^^♪

おススメ記事

1

こんにちは(^^♪ えたビットです。今回は同じ仮想通貨における運用方法の一つである、「アービトラージ」について、しっかりと分かりやすく説明してみたいと思います。 こちらの運用方法。しっかりと使いこなせ ...

-仮想通貨用語集, 相場解説と運用レポート
-, ,

Copyright© えたばりゅ投資情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.