暗号通貨(仮想通貨)が起こすフィンテック。時代の流れに飛び込むために。

えたばりゅ暗号通貨情報

仮想通貨について

トークンとは何ぞや??仮想通貨のトークンを分かりやすく説明

更新日:

こんにちは(^^♪えたビットです。

今回は、トークンというものについてのご説明記事になります。いろいろな場所でトークンという言葉を聞いたりすることがあるかと思いますが、仮想通貨界にもトークンと呼ばれるものがあります。

そこで今回は、このトークンと呼ばれるものについて分かりやすくご説明してみようと思います。この記事をご覧いただくことで、仮想通貨で使用されているトークンというものがどのようなものかお判りいただけるかと思いますので、ぜひ今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。



仮想通貨におけるトークンとは?? サクサクっと理解してしまおう

まず、冒頭でも申し上げた通り、トークンとは意外と様々な場所で使用されており、IT業界や分析哲学や考古学という学問の世界、鉄道業界や果てはカードゲームなどでも用いられております。

それそれ言葉は同じなれど、その意味合いは違いまして、例えば分子哲学でいえば、そのタイプを構成する個々のものという解釈をされております。

え??分かりにくい??

なるほど。そうですね・・・ならば例を挙げるとすると、

こちら。我が愛する、ラム君でございます。可愛いでしょ( *´艸`)わんこのことを多少ご存知の方であればお分かりかと思いますが、ご覧の通りタイプ(犬種)はミニチュアダックスになります。

ミニチュアダックスというタイプを構成している個々のミニチュアダックスがトークンということになり、

このラム君がミニチュアダックスというタイプを形成している中の一つのトークンというわけです。

では、仮想通貨における「トークン」とはいったいどのようなものなのでしょうか。

仮想通貨におけるトークン

仮想通貨業界においてのトークンと呼ばれるものは、企業や個人がある仮想通貨を基にして作り出した、独自のコインとなります。ですので、平たく言えば仮想通貨の仲間ですね。では、トークンはどのような性質を持ったコインなのでしょうか。

仮想通貨トークンの性質

まず、その企業や個人が発行するものなので、発行する数量やどういったサービスを付随するかはその企業や個人のさじ加減で自由に決めることができます。そういう特性から、その企業や個人が提供したサービスの範囲内でのみ、その効力を発揮します。

それと同時に、株式のような性質も持っており、その企業や個人が提供したビジネスモデルが成功するほど、そのトークンの仮想通貨市場における価値もどんどん上がっていきます。こういった性質を利用して投資家たちがその利益を享受するシステムがICOと呼ばれるものになり、ICOという仮想通貨の運用方法でもあります。ICOについてはこちらでも詳しくご説明しておりますのでICOがどういったものかご興味がある方は、是非ご覧いただければと思います。

運用としてのICOはこちら
ICOとは? 詐欺?立派なビジネス?ICOをしっかりわかりやすく説明

企業目線からのICOはこちら
詐欺だとささやかれるICO。その本来の役割とは?

分かりやすく言えば・・・う~ん・・・そうですね。。。その企業の成績次第で価値が上がる(下がることももちろんアリ)可能性を秘めている、その企業が発行するクーポン券やポイントカードが仮想通貨におけるトークンということになります。

でも、いくら価値が上がったって、その企業でしか使えないんなら、そんなに使い勝手良くないよね(;´・ω・)

って思われますよね。もちろん、いくら価値が上がろうがその企業でしか使用できないものであれば、私たちが得ることができるサービスや価値も範囲の狭いものになってしまいます。

しかしながら、このトークンは先ほど申し上げた通り、元々はビットコインやイーサリアムなどといった有名どころの仮想通貨を基盤にして作られております。ですので、このトークンはその関連する仮想通貨に交換(トレード)が可能になるんですね。

ということは、少し回り道はありますが、日本の法定通貨。すなわち「円」にも交換することができます。

ですので、今このトークンを利用したICOといわれるものが、注目を浴びているのはこういったところも大きな要因といえるというわけです。

では、仮想通貨のトークンについてまとめてみましょう



仮想通貨におけるトークン まとめ

仮想通貨におけるトークンとは

  • ビットコインやイーサリアムなどといった有名な仮想通貨を基に企業や個人が独自に作り出したコイン
  • トークンはそのままであれば、その企業や個人が提供するサービスの範囲でのみ、その効力を発揮する
  • トークンはその企業の業績によって価値が上下する株式のような性質も備えている
  • トークンは株式とクーポン券の性質を混ぜ合わせたようなもの
  • トークンは仮想通貨に交換(トレード)可能

といったところでしょうか。

最後に

いかがだったでしょう。今回は仮想通貨業界における「トークン」と呼ばれるものについて分かりやすくご説明させていただきました。実を申しますと、前回企業目線でのICOをご紹介した際に、いきなり「トークン」という単語を出してしまったため、「また新しい単語が出てきた( ゚Д゚)」や「トークンって父さんを親しみ込めた新しいお父さんの呼び方みたいw」という、まぁ平たく言えば新しい単語を出すならしっかりその説明をしなさい(`・ω・´)

といった有難い要望をいただきましてですね。確かにその通りだと思いまして、今回の記事コンテンツと相成ったわけでございます。

一応僭越ながら、仮想通貨入門的立ち位置を目指している当ブログではございますので。また、こういうのが分からんといったことがあれば、お気軽にメッセージ頂ければと思います。では、今回はこの辺りで。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます(^^♪

bannerms0

bannerms0

記事が役に立ったらクリックプリーズ(^^♪

おススメ記事

1

こんにちは(^^♪ えたビットです。今回は同じ仮想通貨における運用方法の一つである、「アービトラージ」について、しっかりと分かりやすく説明してみたいと思います。 こちらの運用方法。しっかりと使いこなせ ...

-仮想通貨について
-, ,

Copyright© えたばりゅ暗号通貨情報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.