暗号通貨(仮想通貨)が起こすフィンテック。時代の流れに飛び込むために。

えたばりゅ暗号通貨情報

仮想通貨用語集 仮想通貨トレード

仮想通貨トレードでの危険なヤツ 出来高不足相場 危険相場を理解して負けを減らす!

更新日:

こんにちは。えたビットです。

今回は、仮想通貨トレードにおいて、危険なヤツシリーズ。

出来高不足相場をご紹介したいと思います。トレードで安定した収益を発生させるには、チャートと向き合う時、ロボットになることは大切ですが、とはいえ、やはり仮想通貨投資を行うからには、バシッと収益上げたいじゃないですか。

そのためにも、危険な相場を把握して、そんな相場ではトレードを回避するっていうことも非常に大事な要素になりますよね。

出来高不足相場はそんな危険なヤツの中の一つになります。

この記事で出来高不足相場を理解することで勝率アップの可能性が格段に上がること請け合いですので、ぜひ今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

仮想通貨トレード 出来高不足のモジモジ君を回避せよ!

まず最初に出来高不足っていう相場を簡単にご説明しておくと、出来高っていうのはローソク足の長さのことを指しており、ローソク足の長さが長ければ長いほど、その時間帯において、多くの取引が行われたことを意味します。

ローソク足についての詳しいご説明はこちら

【悲報】仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)ハッキングによる不正流出

こんにちは。えたビットです。 先日また、日本の仮想通貨取引所がハッキング被害に遭ってしまいました。今回はそのニュースをお伝えしようと思います。 では、今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います ...

ローソク足があまりに長すぎるのも、何かしらファンダメンタル的要素が働いた可能性が高いので、それはそれでトレードをするのは危険なのですが、それと同じく危険相場ともいえるのが、ローソク足の長さがかなり短い状態で長い時間推移している相場。

私は出来高不足っていうのは言いにくいので、自分の中ではモジモジ君なんて呼び方をしているのですが、これが現れると相場がどちらに転ぶかわからないので、ちょっとトレードは控えたほうが好ましい相場といえます。

出来高不足相場のご紹介

まぁ・・・アレですよ。いつものごとくといっては何ですが、私がうだうだご説明するよりも、出来高不足のチャートをご覧いただいたほうがススっと頭に入りやすいかと思いますので、今回も例のごとく、コインチェックさんにチャートをお借りして出来高不足の相場をご覧いただきましょう。

こちらがBTC/JPYの一時間足のローソク足のチャート。

緑の矢印が出来高不足で相場が推移しているところになります。ご覧いただくと一目瞭然かと思いますが、緑の矢印のところはローソク足の長さが極端に短く、取引量が少なくなっているのがご確認いただけるかと思います。

そして、注目すべきはそのしばらく後に出現している大陰線。価格が大幅に下落しておりますよね。

では、次にBTC/JPYの日足のチャートをご覧いただきましょう。

左の方の緑の矢印では、大陰線連続の大暴落「ガラ」を起こしております。

そして、右側2つのモジモジ君の後は、ムーンとまではいきませんが、比較的長い陽線が出現し、価格が上昇しているのがお判りいただけるかと思います。

出来高不足の相場が続くとどちらか一方に大きく相場が動きやすい

このように、出来高不足は時間足関係なく出現し、それが続くと、暴落、急騰が起きる可能性が高くなります。

運よく急騰してくれれば御の字ですが、買いを入れてしばらくすると、暴落というような、目も当てられないシチュエーションになってしまう可能性はかなりあります。

ですので、出来高不足が続いている時はトレードを行わず、しばらく静観するのが得策といえます。

まぁ・・・「運」という言葉が出てきた時点で、投資とは違うものになってしますので、モジモジ推移のチャートの時は相場が「今はトレードをするな」って言ってると思っていただければと思います。

出来高不足の理由

なんでこういった出来高不足が起きるかといいますと、大口の投資家、いわゆるプロの方々が相場の様子見を行っており、こういった方々が取引を行っていないので、取引量が必然と少なくなり、モジモジが続く状態になります。

要するに、相場がどちらに向かうか、迷っている状態といえますね。

また、プロの投資家がトレードを行っていないとなると、相場が予想外の動きをする可能性もあり、やはりトレードを行うにはどちらにせよ、危険といえそうですね。

特に去年末に仮想通貨全般が大暴落を起こしてから、こういう出来高不足が続く状態がよくありますので、ぜひトレードの際は焦らずに、危険な相場は回避していただくのが良いかなと思います。

最後に

いかがだったでしょう。今回は、仮想通貨トレードにおいて危険な相場、「出来高不足」をご紹介させていただきました。

やはり仮想通貨トレード問わず、こういったトレード投資で安定して収益を上げていくためには、無駄なトレードを行わず、しっかりと収益が見込めそうな相場を狙ってトレードを行っていくのが収益アップの肝ともいうべきところ。

私も、始めた当初に比べると、だいぶマシになりましたが、まだまだ感情に左右されるところがあるので、気を付けなければですw

この記事があなたの収益アップうなぎのぼりのお役に立てれば幸いです。では、今回はこの辺りで。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

bannerms0

bannerms0

記事が役に立ったらクリックプリーズ(^^♪

おススメ記事

1

こんにちは(^^♪ えたビットです。今回は同じ仮想通貨における運用方法の一つである、「アービトラージ」について、しっかりと分かりやすく説明してみたいと思います。 こちらの運用方法。しっかりと使いこなせ ...

-仮想通貨用語集, 仮想通貨トレード
-,

Copyright© えたばりゅ暗号通貨情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.